スポンサーリンク

プレイオフを勝ち抜いている、8チームのスローガン!

Headlines/Blog
この記事は約4分で読めます。

こんにちは!Jerryです。短いですが興味深いテーマがありご紹介です。

プレイオフも半分のチームが敗退し、両カンファレンス盛り上がりを増していますね。

どこかが飛び抜けているわけでは無く、接戦に次ぐ接戦で本当に見応えがあります。予想も難しいですね。

本日は、各チームのスローガンについて。

NBAの各チーム、毎年の「プレイオフ用」スローガンが存在します。

アリーナで、ファンが来ているTシャツに書かれているメッセージですね。

これからまだ勝ち進む可能性のある8チームのプレイオフスローガンはこちら。

  • ゴールデンステイト・ウォリアーズ-Gold Blooded
  • メンフィス・グリズリーズ-MemThis / Big Memphis
  • ダラス・マーベリックス-Dallas In
  • フェニックス・サンズ-Rally the Valley
  • ボストン・セルティックス-Celtic Pride
  • マイアミ・ヒート-White Hot Playoffs
  • ミルウォーキー・バックス-Fear the Deer
  • フィラデルフィア・76ers-Phila Unite

基本的には各チーム、シンプルなスローガンの印象ですね。

グリズリーズなんかは一回戦、二回戦とスローガンを変えているみたいで、カチッと定まってはない様です。そんな事、アリなんですね。

Memphis Grizzlies reveal playoff slogan for Game 2 vs Golden State Warriors
The Memphis Grizzlies have a tough task ahead of them to avoid an 0-2 start against the championship-tested Golden State Warriors on May 3 at the FedEx For...

逆にバックスやヒート、サンズなどは毎年の様に耳にするスローガンですよね。定着組です。

スポンサーリンク

興味深かったのは、ウォリアーズの”Gold Blooded”。

ウォリアーズの拠点、ベイエリアにあるストリートウェア”Adopt.”との協業での決定となり、チームと地域の繋がりも表現しているとの事です。

Adopt.は2012年からこのフレーズを使っており、そこにウォリアーズが乗っかった形ですね。大胆な決断です。

昔のゴールド・ラッシュで有名なエリアだけに強いオリジナル色がありますよね。

Adopt.のオーナーは下記の様に語っており、エリアにとって良い相互効果がある様です。

“What I really notice is our customers are super excited,” Lessler said. “We’ve got lots of Warriors fans, Bay Area sports fans that are customers. There’s a lot of excitement and a feeling that, ‘Oh, ‘Gold Blooded’ is being represented in such a great way.'”

Adopt.のファン達もこの件をとても喜んでいるんだ。ブランドと同時に、ウォリアーズの事ももちろん応援しているからね。こんな素晴らしい形でこのフレーズが関われて興奮しているよ。

What does 'Gold Blooded' mean? Warriors bring new shirts, slogan to 2022 NBA Playoffs
"Gold Blooded" may seem a bit odd on the surface, but for those in the Bay Area, it's a familiar phrase.

以前の優勝リングなどでも触れましたが、NBAは関わる各ブランドなんかも、ファンからしたら楽しみな要素です。

言わずもがな、世界のトップアーティストや著名人も関わりが強いですよね。

NBAを色々な角度から、見ていけるのは楽しいですね。背景にも想像を膨らませながら、引き続き楽しみましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました