スポンサーリンク

ポイントガード史上2人目の最優秀守備選手。マーカス・スマートのディフェンス論を学ぶ

Boston Celtics
この記事は約5分で読めます。

こんにちは!Jerryです。

本日は今年の最優秀守備選手。ボストン・セルティックスのマーカス・スマートについて。

1995年シーズン、シアトル・スーパーソニックスでの”The glove”ゲイリー・ペイトン以来、史上2人目のポイントガードとしての受賞となりました。

本当に凄い事です、快挙ですよね。サプライズで、ペイトンが直接お祝いにきました。

プレイオフもイーストの第2シードで迎えるセルティックスにとって、ここで非常に明るい話題です。

ペイトンが

“It’s just for two of us”

(ポイントガードで受賞は)俺らだけだぜ!

といえば、スマートは

“Just trying to listen to words”

素直にアドバイスを聞く様にしているよ。

と胸熱すぎるやり取りです。ムードが最高なのと、自然とスピーチが始まっていく感じなどたまりません。

スマートはペイトンがそうだった様に、チームにエネルギーをもたらす存在なので、プレイオフに向けチーム全体の士気が上がったのではないでしょうか。

スポンサーリンク

スマートのスタッツはこちら。

  • 71試合スターター出場(以下平均)
  • 32,3分出場
  • 12,1得点
  • 5,9アシスト
  • 3,8リバウンド
  • 1,7スティール
  • 0,3ブロック
  • FG 41,8%(1試合平均4,2/10,1)
  • 3pt 33,1%1試合(1,7/5,1)

オフェンスでも、しっかり活躍してますよね。過去にはこんな記事も書きましたので良ければ是非。

しかし本分はやはりディフェンダーとしての能力です。

そんなスマートのディフェンスにはしっかりと理論があり、見ていると勉強になります。

今回はじっくりと見てみて、勉強してみたいと思います。まず下記動画では、

「ボールがプレーヤーの手元にある限りはスティールは狙わないよ。狙いどころは、ドリブルを仕掛けてきた時、ボールが地面に着く瞬間なんだ。

不用意なドリブルならこの瞬間を狙えば、ドリブラーはそれを回避出来るほど素早くは無いよ。」

と語っております。

下記の動画では、ディレクション(相手にドライブのコースを限定させ、想定通りのコースに向かわせる事)の大切さを説明してくれています。

「行かせたいコースにドライブさせるのは許して良い。代わりに、行かせたくないコースは守り切るんだ。踏ん張れ。

他に4人のヘルプが常にいる事を忘れるな。コースの誘導を出来たら皆が予測出来る、そうしたらディフェンスの勝ちみたいなものだ。」

実際に試合のハイライトを見ると、スティールのタイミングやディレクション、本当によく実践している事がわかりますので、必見です!

更に見ていて思うのは、

  • ボールマンには常にタイトにつき、簡単にはスイッチをしていない事
  • 接触時は胸から辺りにいき、チャージを誘発している事
  • インサイドでビッグマンのディフェンスをする時は、腰を低くしドリブルの瞬間を狙いすましている事

など、勉強になる事が多いですよね。加えて、常に走り回っているエネルギーでDeflection(相手のパスコースに手を当ててボールを逸らす回数)も多いです。

スポンサーリンク

こういった地道な事の繰り返しがスマートの価値を高めている様に思えます。

そして前述の通り、オフェンスでもインパクトを残せる選手なんですよね。今日の試合では重要なレイアップ、更にタフショットをしずめ「この手やばい」ジェスチャー。

ディフェンシブな選手でありつつ、彼が決めるとチームが盛り上がるという側面もありチームのムードメーカーとして抜群の仕事をしています。

スコアラーなどに比べるとフォーカスされづらいスマートの役割ですが、今回の受賞は本当に快挙ですし祝いたい気持ちになりますね。

快進撃を続けるセルティックスと、チームのソウルであるマーカス・スマートに注目です!

参考にした記事↓

He Has a Plan for Your Plan to Stop Him From Stopping You
N.B.A. players know Boston Celtics guard Marcus Smart is going to try to steal the ball. They might have an idea how. And yet, they fall victim time and time ag...

コメント

タイトルとURLをコピーしました