スポンサーリンク

Champion ring-最新バックスのリングと歴代比較

Headlines/Blog
この記事は約6分で読めます。

こんにちは。Jerryです。

本日は、NBA優勝チームに送られるチャンピオンリングについて見ていきたいと思います。

ほんとうに、、ゴージャスですよね。

コービー・ブライアントの2000年リングはどういった経緯か150万円スタートでオークションに出品され、2000万で落札されたそうです。2020年5月の出来事。

まずは2021年のミルウォーキー・バックス。

いやーギラギラですね。このリングはネクストレベルと現地でも言われています。

スポンサーリンク

特徴と各意味合いはこちら。

★合計400のダイアモンド

●上面には360個 - オーナーが変わってからの勝ち数

●左サイドに16個 - 2021のプレイオフの勝ち数

●右サイドに16個 - チームの歴史における16回のディビジョンタイトル

●合計約4.14カラット - ミルウォーキーのエリアコード、414

●モチーフの内側に50のまぶし石 - 最後のチャンピオンから50年経過

●サイドの柄の中には2個 - チーム史上2つのトロフィーをさす

●上面の金色のトロフィーは65,3%純金 - シーズン勝率を示す

●柄の3カラットダイアモンド - チーム史上3回のカンファレンスチャンピオン

●ワールドチャンピオンと書かれた柄の約0,53カラット - チームの設立以来の年数53年

◉リング上面の装飾は外す事ができ、QRコードが刻まれている - 優勝シーズンの記憶に残る瞬間のビデオが見れる

これだけの仕掛けとこだわりが詰まっているなんて、恐ろしく美しい世界です。

スポンサーリンク

作っているのは Jason of Beverly Hills という宝飾店。2009年、10年、15年、17年、18年、20年に続き7度目となるリングを手がけました。

THE 2021 NBA CHAMPIONSHIP RING – Jason of Beverly Hills

“We wanted to once again rewrite the rules of what a championship ring should be,” said Jason Arasheben, CEO, Jason of Beverly Hills. “We sought to create something that had a bit more versatility than rings of the past. As championship rings have gotten bigger, they have become less and less practical to wear. We addressed this by developing a push button system that allows the players to wear the top of the ring as a pendant, making it a piece of jewelry they can wear every day around their finger or on their neck to celebrate their tremendous season.

CEO Jasonのコメント

我々はチャンピオンリングにおける常識を再度書き換えたかった。これまでのリングに比べ、より多様な使い道のあるものを作りたかった。リングがどんどん大きなものになるにつれて、身につけるには向かなくなっていったんだ。我々はリングをペンダントとしても使える様にする事でこの点に対応した。彼らの偉大なシーズンを指にも首からも着用出来る様にしたんだ。

こんな裏側も本当に格好良いですね。NBAを通じてこういった人々を知る事が出来嬉しく思います。

作り手もこだわりを持ってNBAに提案し、それがより良いもの、とんでもない傑作を作っています。

ペンダント式、またQRコードなんてよく思い付きましたよね。

今回は興味本位で下記調べてみました。

Check out NBA championship rings through the years
Below these words, you can take a look at the vast majority of the NBA championships rings in league history. We even have the ring for the 1947 Philadelphia Wa...

2020年レイカーズ、2019年ラプターズと懐かしいです。2011年マーベリックスはシルバー系で眩しいなイメージ。

2001年レイカーズは金でギラギラしておりド派手です。1971年バックスも優勝でした。ちょうど50年前ですね。

1947年フィラデルフィア・ウォリアーズなんかは時代感に注目です。

(余談ですが2020年5月に、NFLのニューイングランド・ペイトリオッツは2017年の優勝リングを慈善事業で出品し、1億1千万円の値がついたとの事。コロナウイルスの影響を受けた方々の支援に寄付をしました。コービーのリングの出品タイミングと同じですね、公表はありませんがもしかしたらそんな意図があったのかと思ってしまいます。)

再掲、下記参照です。他の年のも全て載っており楽しいですね。

Check out NBA championship rings through the years
Below these words, you can take a look at the vast majority of the NBA championships rings in league history. We even have the ring for the 1947 Philadelphia Wa...

どれもゴージャスですが個人的には1991年ブルズ、の黒とのコントラストが好きです。皆さんはどれがタイプでしたか?

こういった角度からもNBAを楽しんでいきたいと思います。

最後に、ヤニス・アンテトクンポはセレモニーの後にこう語っています。

“That’s going to be forever,” Antetokounmpo said of the banner afterwards. “We’re part of history.” “I’m excited. But now, it’s over with. We’ve got to focus on building good habits, keep moving forward and keep playing good basketball and, hopefully, we can repeat this again this year, next year and all the years that we’re going to be here down the road.”

こうして勝ち得たものは永遠に誇りだ。歴史の一部になったんだ。興奮しているよ。しかし、既に終わった事でもあるんだ。より良い習慣を作る事に集中し、より良いバスケットボールをするべく前に進み続け、連覇を狙っていく。次の年もまた次も、ここにチームがある限りだ。

Milwaukee Bucks debut championship rings, destroy Brooklyn Nets while Steph Curry cooks LeBron James
On what was a momentous day for the Milwaukee Bucks, it couldn't have gone any better for the now defending NBA champions.

今年はアウトサイドも向上し積極的に放っている印象です。まだまだ向上心を忘れぬヤニスとバックスに、今年も期待できそうですね!

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました