スポンサーリンク

ウエストブルック騒動の最有力候補はペイサーズ?ブログドン、ヒールドが絡む?

Headlines/Blog
この記事は約5分で読めます。

こんにちは!Jerryです。

本日は、少し気が早いですがラッセル・ウエストブルックのある噂について。

オフシーズンが気になっている方も多いかと思います!

まあシーズン中から様々噂があったのですが。過去記事はこちら。

ウエストブルックはロサンゼルス・レイカーズでの今シーズン、

  • 78試合全てスターター出場(以下平均)
  • 18,5得点
  • 7,4リバウンド
  • 7,1アシスト
  • 1,0スティール
  • 0,3ブロックFG44,4%(7,0/15,8)
  • 3pt29,8%(1,0/3,4)

そしてターンオーバーは平均3,8本という数字になりました。

チームもプレイイン進出を逃すウエスタンカンファレンス11位と期待に応えられず、来シーズンのテコ入れには早くも話題が集まっています。

そんな中、トレードを行う事で双方のチームにメリットがある可能性はどういったケースか?とよく話されてきたのですが、

有力なトレード先としてインディアナ・ペイサーズが浮上しています。

ペイサーズといえば再建機に入っているチーム。ですがタイリス・ハリバートンクリス・ドゥアルテといった有力な若手ガード陣がいるため再建の中心は彼らになると思われています。

スポンサーリンク

そこでこれまでチームを支えてきたベテラン、かつこれからピークを迎えるマルコム・ブログドンバディ・ヒールドをオフシーズンの交渉検討選手にしているという事です。

来シーズンの契約額を見てみると

  • ウエストブルック-約4700万ドル
  • ブログドン-約2260万ドル
  • ヒールド-約2050万ドル

ウエストブルックは来シーズンが契約最終年、ヒールドは来年から残り2シーズン、ブログドンは残り3シーズン

という状況になっています。

更にレイカーズは2つのファーストラウンドのドラフト指名権を持っているため、上記3選手と指名権をメインとしたトレードは実現可能性が高いのでは、といった予測でした。

ブログドンはよりオールラウンダーですがスリーポイントも得意な選手。

ヒールドはとにかくシュートが上手い生粋のシューターです。

どちらの選手も20得点のアベレージを記録する事が可能な即戦力ですね。

レイカーズはオフボールで活躍が見込める、アウトサイドシュートの上手い選手かつ、レブロンのラストチャンスとなりえる今後2,3年のコア獲得をしたいのではと思います。勝ちにいくためですね。

ペイサーズは再建に伴いハリバートンとドゥアルテの成長機会を作る事に加え、ウエストブルック獲得での話題性もチームを盛り上げるのではないでしょうか。

更にウエストブルックは契約最終年であるため噛み合わない場合ウエストブルックはバイアウトされるのではとの指摘もあるとの事です。

ガードの主力はハリバートンにしたいでしょうから、いずれにせよウエストブルックのアジャストはチーム在籍のためには必要になりそうですね。

Russell Westbrook trade rumors: Pacers could emerge as suitor for disgruntled Lakers star, per report
The Pacers could send the Lakers Malcolm Brogdon and Buddy Hield
スポンサーリンク

といった内容での噂ですが、ここからは私見ですが考えれば考えるほど双方にメリットがある様に思えます。

レイカーズはおそらくレブロン、デイビスとの相性を考えると最高のタイプの2選手を迎え入れ、チームバランスは上がると想像するのは容易いですね。

引き続き、デイビスの体調は重要な要素ではありますが。

ペイサーズ側は再建期となりますので、若手育成の面でも契約最終年のウエストブルックは旨味があります。

ウエストブルックは年間トリプルダブルの連続達成、MVPなど個人の部門ではNBA歴代トップクラスの選手です。

レイカーズとの相性では色々な困難がありましたが、それでも価値を低く見るべき選手では無いと思いたいんですよね。

もちろん、契約が高すぎてそれに見合う活躍かという部分が問題なのですが。

ペイサーズから見れば再来年の大幅なサラリーキャップが確実に生まれますし、ウエストブルックの人気によるチケットセールスなんかも期待できるのではないかと思います。

繰り返しですが実績や成し遂げた事を考えるとウエストブルックのレベルの選手はそうそういないですよね。

スター選手が移籍してくる事があまり多くない、スモールマーケットと言われるペイサーズにとっては、大きな話題性だと思います。

もし、このトレードが実現すればブログドン、ヒールドはおそらく問題なく活躍していくのではないかと思いますす。

そしてこのトレードから期待してみたい点としては、ウエストブルックがリーダーシップ全開モードとなり、再建期のペイサーズがプレイオフなどで活躍する様な状況です。

ちょうど、クリス・ポールが再建期のオクラホマシティ・サンダーに移籍し、予想を覆しプレイオフへ進出した時の様ですね。

優勝は狙えなくても、やはり予想だにしないチームの快進撃はリーグを盛り上げてくれます。

今回は様々噂されるウエストブルックのトレードの噂について、興味深いものがあったので紹介いたしました。

まだまだ続くプレイオフ、そして各選手の動向にも注目です!

コメント

タイトルとURLをコピーしました